体験リハビリのご感想

先日、初めてのお客様に体験リハビリをご利用いただきました。10歳のころに脳出血を患い生死の狭間を数年間わたりました。その後、ご家族のご努力もあり徐々に徐々に回復され、今では介助しながらも歩けるようになりました。しかし、脳内全体に打撃を与え、運動失調が強く残ってしまいました。

「お友達と遊びに行きたい。カラオケに行きたい。(元気だった頃のように)家族で買い物に行きたい。」そんな願望をお持ちになり、当リハビリの体験をご利用されました。

運動失調の改善には、動作を安定して遂行させる必要があります。お体の状態の確認と合わせて、どのようなトレーニングを行えば歩行が改善していくのか、さまざま試しました。そんな中、いくつかヒントになる事も見つかり、お客様とご家族に説明を致しました。最後にお客様より、

「大変できつかったけど、楽しかった。なんだかスポーツをしてるみたいだった。」とご感想をいただきました。

そうです、私どもが提供するリハビリはどちらかというとトレーニングに近いと思います。なぜなら、お客様ができる事や他のリハビリ施設でできる事は行わないからです。お客様の歩行改善のために厳しい環境を作り、難しいトレーニングをする。それはスポーツと思われる事かもしれません。

今回のリハビリを通して、見えた改善点・取り組むべき課題を一つずつクリアーしお客様の目指す状態に導きます。