雑誌の記事執筆

先日、介護業界の雑誌「デイと介護の経営と運営 Vol.46」に当事業所の事業内容を紹介させていただく機会をいただきました。発行元の企業様にご注目いただき、執筆についてご依頼をいただきました。

自費の訪問リハビリ事業を中心に行っていますが、なぜこの事業を始めるに至ったのか、これまでどのように考え行動してきたのか、訪問リハビリに対する思い、10年以上に渡る経過を3ページに纏めました。これまでの経過を振り返ることで、これまで以上にこの事業に対する思いであり責任感が強くなっている事に気づかされました。れいんぼうフィジカルセラピーは、リハビリに対するプライドとお客様への思いだけでこれまで走ってきました。しかしこれからは、このように雑誌に執筆させていただいた事で読者の方へもそれを見せていく必要があります。これまで以上にリハビリの質を高め、お客様の夢や希望を叶えお客様らしさを取り戻す事を果たしていきます。