訪問途中の一コマ

お客様のお宅へ訪問している途中に目に留まったので、思わず写真を撮りました。

もう梅が咲く季節になったんですね。10歳代20歳代の私は梅よりも桜が好きでした。梅に比べて桜は木いっぱいに咲き、明るく陽気な印象があったからです。30歳半ばを過ぎてから梅が好きになりました。2月とまだ肌寒さを感じる季節に小柄な梅が凛と咲いている姿に健気さを感じます。

梅とリハビリに共通点を見ます。

リハビリを受ける状況はとても厳しいです。病気や骨折などの怪我、手術による状態は冬の厳しい寒さと似ているでしょう。そんな中、リハビリに励み目標を少しずつ叶えていく姿は、美しく咲く梅にも見えます。厳しい状況は自身の頑張りで必ず打開できます。梅のように寒く辛い状況でも、力強く上を向いて日々を過ごしたいです。