成長のための選択

こんにちは、れいんぼうフィジカルセラピー代表の芝原です。

サッカーをやっている息子はさまざまなチームを転々としてきました。9歳(4年生)ですが、今のチームで4チーム目です。最初に入ったチームは地元の小学校で活動しているチーム。小学生になってから少し本気でサッカーを上手くなりたいと思っていた息子にとっては物足りなさがあり、直ぐに移籍しました。

次に入ったチームは幼稚園生にスポーツ指導をしているチーム。スポーツ指導に長けて成長させてくれると思い入部しました。身体能力の高い子ばかりでスタート時、息子はびりっけつ。1年間、在籍しましたがその間、誰よりも練習をしました。気が付けば、試合に常に出れる選手となりました。そんな頃にもっと強いチームでやりたいと息子が思い、市内でも強豪に位置付けられているチームに入部しました。

チーム練習の初日、衝撃を受けました。みんな上手くて速くてボールも蹴れて、Jリーグの下部組織に入る選手が在籍するようなチームで息子はまたチームのびりっけつ。選手数も多く、息子はCチーム。約1年半の在籍でしたがチームの誰よりも練習して退部前にはAチームに入れるまでになりました。サッカーを学ぶに連れて、プレーそのものにチームとして意図を持って取り組むチームへの入部を求めて移籍。

このチームがこれまたすごい。Jリーグの下部組織に入る選手がうじゃうじゃいる。技術、身体レベルは更に上。息子はまたまたチームのびりっけつ。今はこのチームで成長できるように親子ともどももがいています。

息子はこれで4チーム目となりました。石の上にも3年。その真逆を行っています。常に息子は自分のサッカーがより成長するためにはどのチームが良いのかを選択しています。移籍のたびに辛く悔しい状況になっています。以前のチームにいればワイワイニコニコやっていたのかなとも思います。厳しい環境になることを分かった上で挑戦する息子を私は尊敬します。

自分を成長させるため、リハビリにおいては自分の体を良くするため目標達成するためにの選択がとても重要です。これまでお世話になった息子のチームの指導者はとても良い方ばかりでとても居心地が良かったはずです。環境を変え、敢えて自分にプレッシャーをかけて成長をさせていくことは、常に目標を大前提に行動していく上では重要でしょう。

私も常にお客様の成長に繋がるリハビリテーションサービスを提供できるよう成長し続けていきます。