嬉しいご報告

folder未分類

こんにちは、れいんぼうフィジカルセラピー代表の芝原です。

昨日はお客様より嬉しいご報告がありました。

一昨日、お客様はご入院されていた病院へ定期受診に行かれました。駅から車で10分ほどかかる距離のためいつもはタクシーを利用していましたが、その日は駅と病院の送迎バスを利用されました。病院へ向かうバスに乗って席に着いた時にお客様はハッと気づいたそうです。

「あれ…今、左足(麻痺している足)から乗った!」

通常、段差を登る時には麻痺していない側(健側)から始めます。逆に降りる時は麻痺している側(麻痺側)から行います。しかし、その日は麻痺している足から段差を登ったそうです。お話を聞きながら私も驚きました。リハビリの効果が出てくると、何気なく無意識にこれまでになかった動作を行えたりします。「気がついたら家の中を杖を持たずに歩いてた」「装具をつけるの忘れた」などです。こういったケースは良くあるのですが、大半はご自宅内のいわゆる生活圏内です。しかし、このお客様は屋外で普段乗らないバスの乗車時に無意識の行動が行えました。

私はお客様のお話を伺いながら鳥肌が立ちました。最後にお客様は話してくださいました。

「こうやって効果を実感するんだね。自信になるよ。」