長話?

こんにちは、れいんぼうフィジカルセラピー代表の芝原です。

リハビリテーションメニューを作成にあたっては、お客様のお体の状態を丁寧に観察する必要がありますが、お客様がどのような性格かを知ることも大切です。褒められて頑張る方もいれば、叱咤されて頑張れる方もいます。メニューの内容や私どもの対応の仕方はそれぞれお客様に対して変える必要があります。

お体の状態は適切な評価をすることで分かります。性格は、お客様と接して話をしていかなければ分かりません。私は人の性格を理解する能力があるわけではありませんが、人との会話が大好きです。人にはその人だけの歴史があります。どんな幼少期だったのか、夢中になっていたこと、配偶者との出会い、仕事などなど話を伺っていると時が経つのを忘れてしまいます。

初めてお会いするお客様とは2時間以上かかってしまう事もあります。でもそのおかげでお互いを知ることができ、その後のリハビリテーションがスムーズに進むことになります。

リハビリテーション、トレーニングとなると話す時間がなくなるほどです。ですので、時間がある時は会話時間を確保して今の心境、これからの思いなども含めて意思疎通を図ることに努めています。