代表日記

先日、「認知症があっても良くなりますか?」このようなご質問をいただきましたので、これまでの経験をもとにご説明いたします。 弊社の歩行リハビリテーションの効果を最大限に高めるためには2つの条件があります。1つ目は、「目標が…

続きを見るarrow_forward

伴走者

夕方になると10歳(小学4年)の息子はサッカースクールに通う。なるべく練習に付き添うようにしているが、見学していると私は熱くなって声を掛けたくなってしまう。父親の外からの声掛けなんて息子にとってもスクールコーチにとっても…

続きを見るarrow_forward

1分ストレッチ

下肢の筋緊張が高い方の多くが足底筋やふくらはぎの緊張が高まりやすくなります。足首の柔軟性が低下し、荷重や重心移動の障害になってしまいます。そのようなお困りをお持ちの方の多くが傾斜台を使ったストレッチをやられているでしょう…

続きを見るarrow_forward

お客様の覚悟

先日、お客様の訪問リハビリに伺った際、ご自宅に車椅子がなくなっていました。ご家族に確認すると、「先生の言われた通り、(車椅子を)返しました。」とご返答がありました。 私は度々、お客様の初回面談時に車椅子を速やかに返却・処…

続きを見るarrow_forward

目標達成する方法

リハビリテーションの始まりは、問診。お客様に関する情報を収集します。次に、お客様のお体の状態をみます。柔軟性や筋力、感覚や反射緊張、麻痺の程度、各種動作のチェックです。その結果をもとにリハビリプログラムを立案します。一般…

続きを見るarrow_forward

1分ストレッチ

1分ストレッチ(私の体が硬すぎて良いモデルでなくてすみません💧) 股関節、骨盤、腰椎のストレッチです。 ※柔軟の際には3回深呼吸をして下さい。 屈伸・内外転・内外旋を組み合わせる事で歩行の安定やスムーズな…

続きを見るarrow_forward

成長

こんにちは、れいんぼうフィジカルセラピー代表の芝原です。 お客様の中にはデイサービスやデイケアをご利用になられている方もいらっしゃると思います。そこには様々な方がご利用になられています。また、現代ではインターネットやSN…

続きを見るarrow_forward

こんにちは、れいんぼうフィジカルセラピー代表の芝原です。 お客様の多くは介護保険サービスを併用してご利用されています。訪問看護ステーションからのリハビリテーション、通所介護(デイサービス)、通所リハビリ(デイケア)などで…

続きを見るarrow_forward

無意識

こんにちは、れいんぼうフィジカルセラピー代表の芝原です。 リハビリテーションとはこの「無意識」との戦いのような気がしています。麻痺があったり筋力が低下していると無意識にその部位を使わないように(代償)動作、歩行をします。…

続きを見るarrow_forward

原因はどこに?

こんにちは、れいんぼうフィジカルセラピー代表の芝原です。 先日、ご高齢のお客様がご来店されました。息子さんからのお問い合わせで、「(お母様が)めまいや頭痛、足の痛みがある。運動不足で体力も落ちてると思う」そのような内容で…

続きを見るarrow_forward