お客様の声Page: 3 / 3

病院ではやらないリハビリをここではできる

横浜市都筑区にお住まいのO様(脳梗塞左麻痺/71歳/男性) chat

person

元々、病院でリハビリを受けていましたが、15分ぐらい肩腕を軽く揉む程度でしっかりやっていませんでした。
これでは固くなってしまうのではないかと不安がありました。
ここでのリハビリ、運動内容はきついけど、これくらい負荷をかけなきゃ良くならない、辛いけどそれを克服しないと良くならないと思っています。
柔らかくやってて筋肉がつくとは思わないですから。
病院ではやらないことをここではやるし、出来るようになっています。
最初きつかったことも、継続することで楽になり良くなっています。

※施術効果には個人差があります。

3か月後には杖で外を歩けるようになった

横浜市中区にお住まいの服部様(脳梗塞左麻痺/78歳/女性) chat

person

脳梗塞で左手足の自由を失ってしまい、寝返りすらできなかった母の姿からは、歩行訓練ができるようになるとは想像もできませんでした。
母のペースに合わせて根気よくリハビリを進めてくださる様子をみて、先生の愛情深い人間性を感じました。
どうすれは母にとって一番いいのか悩み不安でいっぱいの家族の心の支えにもなってくださいました。                           服部様の娘様より

病名と症状

脳梗塞 左麻痺

リハビリ開始時の年齢

78歳

病気になってからの年月

3か月

リハビリ期間

6か月

リハビリ開始時の状態

寝たきり

リハビリ終了時の状態

3か月でトイレまで歩けるようになり、その3か月後に外を歩けるようになる。

※施術効果には個人差があります。

装具なしで外歩き階段もできるようになった。

相模原市にお住まいのK様(脳出血左麻痺/57歳/女性) chat

person

左半身麻痺。足は装具着用、杖使用での歩行を最終的には装具なしで歩きたいという高い目標に向かって御指導いただきました。
基本となる体幹トレーニングは正直きついですが、サポーターで外歩き、階段の練習を続けていただいた結果、昇りは出来るようになり、とてもうれしく自信がつきました。
しかし、まだ内反もあり、筋トレすると腕まで力が入ってしまい、緊張が大きくなります。
分離して動かせるようになりたいと思っています。そのためにはリハビリを続けていく事が重要です。

病名と症状

脳出血 左麻痺

リハビリ開始時の年齢

57歳

病気になってからの年月

1年6か月

リハビリ期間

1年

リハビリ開始時の状態

装具や杖を使って歩いていた。

ご家族の付き添いが必要。

リハビリ終了時の状態

装具と杖がなくても歩けるようになる。

1人で外出し、ご友人に会ったり趣味をできるようになった。

※施術効果には個人差があります。

頚椎の手術後、動けず歩けず絶望感の中、4か月で元気に歩けるようになった

横浜市中区にお住まいの佐藤康夫様(頸椎手術後/81歳/男性) chat

person

芝原先生
頸椎の手術を受け、動けず歩けず絶望感の折、娘がインターネットで先生を知り、お会いして、初めてのお言葉が絶対に歩けると言う情熱と夢を頂き、4か月で元気に歩行が出来、家族一同感謝で一杯です。
老人(81才)を助けて頂き先生が神様に見えました。
これからも素晴らしいご活躍をお祈り申し上げます。
ありがとうございました。

病名と症状

頸椎手術後 両下肢麻痺

リハビリ開始時の年齢

81歳

病気になってからの年月

3か月

リハビリ期間

4か月

リハビリ開始時の状態

車椅子生活

リハビリ終了時の状態

杖もなくショッピングモールへ買い物に歩いていけるようになった。

※施術効果には個人差があります。

だんだん左足の感覚が戻って動くようになった

横浜市にお住まいのK様(脳出血左麻痺/60歳/男性) chat

person

回復期リハビリ病院を退院し、週に1回ペースで芝原先生のリハビリを受けています。病院のリハビリではやったこともない、床に下りたり、膝立ちをしたりしました。
すると、だんだん左足の感覚が戻ってきて動くようになってきました。
病院のリハビリでは、立つこともできませんでしたが、杖と装具を使って歩けるようにもなりました。先生のリハビリは辛いですけど、良くなっていくのが実感でき気持ちが良いです。
私の今の目標は、「孫と山登りをする」ということです。

病名と症状

脳梗塞 左麻痺

リハビリ開始時の年齢

60歳

病気になってからの年月

6か月後

リハビリ期間

5か月

リハビリ開始時の状態

寝たきり

リハビリ終了時の状態

 

 

納得のいく丁寧な説明と的確なアドバイスをもらえます

横浜市港北区にお住いの竹村あけみ様(脳梗塞左麻痺/女性/78歳) chat

person

※注釈などを入力します
母がレストヴィラ綱島に入居して1年8か月、当初よりずっと先生にお世話になっております。
時に厳しく、時に優しく、メリハリのあるリハビリは、先生の真剣さと熱意が伝わり安心してお任せしております。また、そのプログラムに一生懸命立ち向かい頑張っている母の姿(時々文句は言っておりますが)を観ていると諦めないこと、そして身体的にも精神的にもリハビリというものがいかに大切なものであるかを痛感しております。
先生は、他の先生であればここまでは要求されないであろう高度なことをいつも前向きに考えられ、納得のいく丁寧な説明と的確なアドバイスを下さいます。考え方がぶれない大きな自信を感じます。
リハビリは家族にとっても出口の見えない長いトンネルの中にいるようで不安になります。そんな時、先生のエネルギッシュで明るい笑顔と不安を払拭させてくれるアドバイスやお話しは非常に貴重なものです。今後も「信頼」という繋がりのもと先生にお世話になっていきたいと思っております。宜しくお願い致します。

病名と症状

脳梗塞 左麻痺

リハビリ開始時の年齢

78歳

病気になってからの年月

6か月

リハビリ期間

3年

リハビリ開始時の状態

寝たきり

リハビリ終了時の状態

老人ホーム内を杖をついて歩けるようになる。

※施術効果には個人差があります。