自分にあったリハビリの選び方

 このページでは、失敗しないリハビリ事業所の選び方のヒントを提案します。

1.お客様ご自身がリハビリを受ける目的を明確にする

リハビリの内容や頻度などは、お客様の目標があった上で、お客様のお体の状態を確認し計画立てられます。ですから、お客様の目標が明確でないとリハビリ内容も漠然としたものになるので、お客様ご自身がしっかりとお考えをまとめるのが重要です。

2.ホームページに詳しく説明があるか

昨今、ホームページで自社のリハビリに対する考えやお客様への想いを伝えるのは当たり前の時代です。また、理学療法士・作業療法士なら誰でも良いという時代ではありません。ネット社会で多くの情報が溢れている中、実際にリハビリを受ける前に事業所の事を知るのは安心して受ける意味でも重要です。逆に言うと、ホームページなどで情報提供していない事業所は、あまりリハビリに力を入れていないとも言えるでしょう。

ホームページやパンフレットを見て、しっかり情報提供している事業所を選ぶようにしましょう。

3.お客様の目標に具体的な答えがある

リハビリ事業所によっては、「リハビリを頑張って良くなりましょう!」「リハビリの回数を増やせば良くなりますよ」とお客様に説明する事業所があります。しかし、「良くなる」は、人それぞれ解釈は違います。お客様は、明確な目標を持ってリハビリをお受けになります。それに対して専門家である理学療法士や作業療法士は、具体的な答えで返さなければなりません。お客様の目標に対して、分かりやすく具体的な達成方法を説明できる事業所を選ぶようにしましょう。