お客様の声Page: 2 / 3

リハビリのおかげで歩ける様になりました

横浜市港北区にお住いの齋藤清一様(脳梗塞右麻痺72歳/男性) chat

横浜市港北区にお住いの齋藤清一様(脳梗塞右麻痺72歳/男性)

最初はひとりで歩けませんでしたが、リハビリのおかげで歩ける様になり、満足しています。

病名と症状

脳梗塞 右麻痺

リハビリ開始時の年齢

72歳

病気になってからの年月

6か月

リハビリ期間

3か月

リハビリ開始時の状態

転ぶこともあり、家の中しか歩けなかった。

リハビリ終了時の状態

1人で外出・買い物、電車の利用もできるようになった。

 

※施術効果には個人差があります。

一番の変化は自分に自信を持てるようになった事

有料老人ホームのケアマネジャー様 chat

person

訪問リハビリを受ける前のご状況

昨年脳梗塞で右麻痺になる前は、当有料老人ホームいて自立された生活を送っていました。退院された時は、24時間介護が必要な状況を受け入れることが出来ず、食事も拒否、人と話す事もなく、ベッドで過ごされる日々が3ヶ月ぐらい続きました。ご本人の想いを少しでも叶えて差し上げたいと思っていた時に、れいんぼうフィジカルセラピーとの出会いがありました。

れいんぼうフィジカルセラピーのリハビリを受けはじめてからの変化

リハビリを開始後、ご本人様の心と体に明らかな変化が起きていることを実感できました。

・お食事を食べて頂けるようになった。
・笑顔が出てきた。
・言語の障害がありながらも他者と会話されるようになった。
・ベッド上の生活からレクへの参加もできるようになった。

一番の変化は、自分に自信が持てるようになった事ではないかと思います。「想いは叶うんだ」とご本人も介護する側も実感することが出来ました。リハビリ開始から3か月、今は杖を使えば「自分の足で歩くことが出来ます」脳梗塞の後遺症により麻痺があり意欲を失いあきらめていらっしゃる方が多いと思います。あきらめないでほしい。「想いは叶うんです」

病名と症状

脳梗塞 右麻痺

リハビリ開始時の年齢

88歳

病気になってからの年月

10か月

リハビリ期間

4か月

リハビリ開始時の状態

寝たきり

リハビリ終了時の状態

老人ホーム内を杖をついて歩けるようになる。

※施術効果には個人差があります。

当たり前の日常ができるようになった

東京都江戸川区にお住いの清矢様(くも膜下出血/左麻痺/55歳) chat

person

私はリハビリを始めてから疑問がありました。バランスが大切なのか?筋肉を付けることが大切なのか?分からないまま退院してきました。順調に行くかと思ったそんな時期、キーンと筋が緊張する、ジャックナイフ現象が出てしまったのです。麻痺側の脚全体の筋が緊張して、脚が上がってしまい完全にバランスを崩して転んでしまいます。足が上がってはどうする事もできず、どこで歩いていても怖さがありました。5m歩いては上がり、また歩いては、とこの現象さえなければと思っても脚が上がる現象は、おさまりません。ところが、芝原先生に来ていただいた初日、いきなり先生はストレスをよりかけるのです!いきなり「杖なしで歩きなさい。目標はそこでしょう?」と始まったのです。また、歩いてる私の身体を押して、早歩き!ストレスをわざとかけるリハビリでした。が、その日、先生がお帰りになってからは、家の中で杖なしで歩けたのです。すごい!1回目から成果を感じました。それから2か月で息子の卒業式に行く事ができました。そして、ジャックナイフ現象もなくなりました。今では銀行、スーパー、病院に歩いて行ける、当たり前の日常が少しずつできるようになりました。

病名と症状

くも膜下出血 左麻痺

リハビリ開始時の年齢

55歳

病気になってからの年月

7か月

リハビリ期間

4か月

リハビリ開始時の状態

家の中は伝い歩きで、外は歩行器を使って歩いていた。左脚が過剰に持ち上がってしまいバランス崩し何度も転んでいた。

リハビリ終了時の状態

お一人で電車の利用やスーパーへの買い物や通院に行けるようになる。転ぶことはまったくなくなった。

※施術効果には個人差があります。

1日でも早く歩ける様になりたいと気力が増した。

八王子にお住いの小野様(脳出血左麻痺/70歳/男性) chat

person

歩行が不自由になってから3年間 それなりにリハビリに励んできたつもりでしたが、思う様な改善が見られず、これからの大きな目標である夫婦での旅行もなかなか見通しの暗いものがありましたが、ご指導頂いてからは、1日も早く歩ける様になる為に頑張ろうという強い意気込みと気力が増してきた様に思います。いつの日か必ず歩ける様になるという夢をこれからも持ち続けながらリハビリに励んでいこうと思います。やる気と気力だけは充分に持っているつもりですのでこれからも厳しいご指導をよろしくお願い致します。

病名と症状

脳出血 左麻痺

リハビリ開始時の年齢

70歳

病気になってからの年月

3年

リハビリ期間

4か月

リハビリ開始時の状態

車椅子生活で歩くには介助が必要だった。

リハビリ終了時の状態

家を一人で歩けるようになり、外も30分散歩できるようになった。

※施術効果には個人差があります。

手術前の状態に回復しました

東京都大田区にお住いの小島様(大腿骨骨折/87歳/男性) chat

東京都大田区にお住いの小島様(大腿骨骨折/87歳/男性)

この度、れいんぼうフィジカルセラピーのリハビリをお受けいただきましたが、お受けになる前はどのような状態でしたか?

小島様:左大腿骨頚部骨折の手術を受け、抜糸後、4週間ほど歩行能力回復のためリハビリ

リハビリをお受けになってどのような変化がありましたか?

小島様:週3回 1か月間受けました。手術前の状態(杖をついて歩行)には回復した感じです。患部の左脚の力がもどったことも感じます。股関節のストレッチ筋トレの効果が大きいと思います。

病名と症状

大腿骨骨折

リハビリ開始時の年齢

87歳

病気になってからの年月

1か月

リハビリ期間

1か月

リハビリ開始時の状態

老人ホームの自室内を伝い歩きしていた。

リハビリ終了時の状態

外を一人で歩け、老人ホームを退去しご自宅での生活を再開できるようになる。

 

※施術効果には個人差があります。

よちよち歩きから一人歩きが出来るようになった

横浜市中区にお住いの堀正子様(大腿骨骨折/81歳/女性) chat

person

思いも掛けない大腿骨骨折という大手術を受け退院。そのあと先々のさまざまな不安感の真っ最中に芝原さんとの出会いがありました。本当にラッキーでした。あれから約半年、集中治療リハビリ並に元気を頂き、よちよち歩きから今の杖をつき乍らも一人歩きが出来る迄にして頂き感謝で一杯です。心地よい五月の風の中リハビリがてらお茶したこと等々よい想い出になります。これからもその笑顔とお元気で益々ご活躍下さい。本当に有り難うございました。

病名と症状

大腿骨骨折

リハビリ開始時の年齢

81歳

病気になってからの年月

1か月

リハビリ期間

6か月

リハビリ開始時の状態

老人ホームで車椅子生活

リハビリ終了時の状態

1人で外出できるようになり、老人ホームを退去後、ご自宅での生活に戻る。

※施術効果には個人差があります。

週1回通ってます。その度に体が軽くなっています。

(脳梗塞右麻痺/79歳/女性) chat

person

6年前に脳梗塞になり、右側に麻痺が残りました。
家事や歩くことはできてましたが、昨年の秋から、右太ももに違和感がありました。
歩いてても右足を引きずる様になって家事、掃除が大変になってました。
病院のリハビリに通ってましたが、ちゃんとやってもらっているように思えなかった。
主人に相談したら『今からちゃんとやった方が良いよ』と言ってくれたのでこちらに通うことにしました。週に1回通ってますが、その度に体が軽くなっていきました。
今は足の痛みがなくなり足を引きずらなくなりました。
これから買い物や外出を楽しみたいと思います。

※施術効果には個人差があります。

医師に歩けないと言われた

横浜市都筑区にお住まいの河合様(黄色靭帯骨化症四肢麻痺/62歳/男性) chat

横浜市都筑区にお住まいの河合様(黄色靭帯骨化症四肢麻痺/62歳/男性)

訪問リハビリを受ける前のご状況

「杖で歩くのは無理だ」と診断されていました。
これまで外来リハビリでストレッチや筋トレ、平行練習を行い、訪問マッサージを受けてきました。
しかし、歩行器を使って歩くのがやっとでした。

訪問リハビリを受けられてからの変化

そんな中、芝原さんのリハビリを週に2回。寝て起きる、四つん這い、膝立ちを反復してきました。3ヶ月後には杖の使って歩行練習、その3ヶ月後には外で歩行練習ができるようになりました。
「杖を使っての歩行訓練はとても無理」と整形外科の先生に言われていました。
芝原さんに出会ったからここまで回復したと思っています。
これもすべて芝原さんの何でもやってみようというリハビリ精神のおかげだと思っています。

病名と症状

黄色靭帯骨化症 四肢麻痺

リハビリ開始時の年齢

67歳

病気になってからの年月

5年

リハビリ期間

3年

リハビリ開始時の状態

車椅子生活で

リハビリ終了時の状態

外を杖なしで歩けるようになり、階段の昇り降りも出来るようになった。

※施術効果には個人差があります。

「歩くのは無理と言われた」今の日課は妻との散歩

東京都渋谷区にお住まいのW様(脳出血右麻痺/56歳/男性) chat

person

「外を歩くのは無理」と言われました。
芝原さんのリハビリでは、麻痺している手足で体を支えバランスをとったり、膝立ちや麻痺した足で立つ練習をしています。
今では、階段の上り下りや家の周りを30分以上も歩けるようになりました。
妻との散歩は今では日課になっています。
今後の目標は、仕事復帰と、またヨットに乗ることです。

病名と症状

脳出血 右麻痺

リハビリ開始時の年齢

56歳

病気になってからの年月

7か月

リハビリ期間

12か月

リハビリ開始時の状態

ご自宅の中を杖をついて歩く。

リハビリ終了時の状態

杖や装具なしでも外を自由に歩けるようになる。お仕事にも復帰した。

※施術効果には個人差があります。

仕事復帰が新たな目標です

横浜市都筑区にお住まいのO様(くも膜下出血左麻痺/50歳/男性) chat

person

これまで介護施設でのリハビリを受けてきました。
私は、「装具も杖も使わずに歩けるようになりたい」という目標がありました。
そこで芝原さんのリハビリを受けることにしました。
麻痺のある左の手足で体を支える、床へ寝起きして立つ、膝立ちをするなどをして手足を鍛えてきました。
その結果、杖がなくても歩けるようになりました。
その後、階段の上り下りや外を歩く練習もして、2時間くらいは歩けるようになりました。
今は、「仕事に復帰」することを目標にしています。

病名と症状

くも膜下出血 左麻痺

リハビリ開始時の年齢

50歳

病気になってからの年月

 

リハビリ期間

6か月

リハビリ開始時の状態

ご自宅内を杖ついて歩いている

リハビリ終了時の状態

ご自宅から最寄り駅まで歩き、電車を乗り換え会社まで行けるようになる。

 

※施術効果には個人差があります。